So-net無料ブログ作成

クリニックのアイドル、はこふぐ

2019-04-17T22:29:23.jpeg2019-04-17T22:29:23.jpeg2019-04-17T22:29:23.jpeg






クリニックのはこふぐも大きくなってきました。
でも、他の子たちと比べると…

そのためか、時々ケースの中でエサ探し。
でも、外でエサをあげるとあわてて出てきます。

そんな姿もかわいい!

クリニックのアイドルです。

共通テーマ:moblog

川崎市感染症情報です

2019-04-17T22:28:55.jpeg2019-04-17T22:28:55.jpeg
街ではすでに、植物達が力をつけ、春を祝ってくれてます!
負けないように、楽しみましょう!!

川崎市感染症情報です。


第15週で定点当たり患者報告数の多かった疾病は、1)感染性胃腸炎 2)A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 3)インフルエンザでした。
 感染性胃腸炎の定点当たり患者報告数は6.14人と前週(6.22人)から横ばいで、例年並みのレベルで推移しています。
 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の定点当たり患者報告数は2.97人と前週(2.32人)から増加し、例年並みのレベルで推移しています。
 インフルエンザの定点当たり患者報告数は1.66人と前週(0.77人)から増加し、例年並みのレベルで推移しています。



 今週のトピックス
 “今シーズン2度目の流行期~インフルエンザ~”について取り上げました。
 川崎市におけるインフルエンザの流行は、平成31年第12週(3月18日~3月24日)以降、流行の目安である定点当たり1.00人を下回り、非流行期となっていましたが、第15週(4月8日~4月14日)に定点当たり患者報告数が1.66人となり、再び流行期となりました。
 本市のリアルタイムサーベイランスによると、4月上旬からB型インフルエンザの報告数が地域的に増加し、麻生区の小学校ではB型インフルエンザによる学級閉鎖も報告されています。4月ではありますが、引き続き手洗いや咳エチケットなどの予防対策を心がけましょう。
 感染症情報(平成31年第15週)の詳細をまとめたファイルを次のサイトからダウンロードしてください。過去の感染症情報もご覧いただけます。
 http://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-13-8-11-4-1-0-0-0-0.html

共通テーマ:moblog