So-net無料ブログ作成

川崎市感染症情報です

2019-02-28T10:11:19.jpeg2019-02-28T10:11:19.jpeg
今日は残念ながら、の天気。
寒いし…

でも、花粉症の人には、
逆にチャンス!
花粉の飛散量が少ないから!

マスク無しでランできる、
少ないチャンス。
川沿いには、梅や河津桜、
雨が本格的になる前に楽しみました。


川崎市感染症情報です。

第8週で定点当たり患者報告数の多かった疾病は、1)インフルエンザ 2)感染性胃腸炎 3)A群溶血性レンサ球菌咽頭炎でした。
 インフルエンザの定点当たり患者報告数は7.48人と前週(11.44人)から横ばいで、例年より低いレベルで推移しています。
 感染性胃腸炎の定点当たり患者報告数は5.95人と前週(4.81人)から横ばいで、例年並みのレベルで推移しています。
 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の定点当たり患者報告数は3.68人と前週(2.46人)から増加し、例年より高いレベルで推移しています。



 今週のトピックス
 “「子ども予防接種週間」3月1日(金)~3月7日(木)”について取り上げました。
 3月1日~3月7日は「子ども予防接種週間」です。予防接種には、対象疾患・対象者・接種期間などが定められた定期予防接種と、希望者が各自で受ける任意予防接種があり、いずれも接種することで病気を予防することができます。
 特に、麻しんはワクチンで予防できる疾患にもかかわらず、現在、全国における報告数が急増しています。川崎市においても、平成31年第8週(2月18日~2月24日)に麻しんの報告が1件ありましたので、麻しん・風しん混合(MR)ワクチン接種対象者のお子さんは、できるだけ早く接種を済ませましょう。
 感染症情報(平成31年第8週)の詳細をまとめたファイルを次のサイトからダウンロードしてください。過去の感染症情報もご覧いただけます。
 http://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-13-8-11-4-1-0-0-0-0.html

共通テーマ:moblog

ブログ更新できていませんでした!

そのため、いっぺんに更新します。

日にち表記おかしい面ありますが、
とりあえず、全部更新します。

よろしくお願いします。


坂本 和彦

共通テーマ:moblog

臨時休診のお知らせです

2019-02-27T17:06:13.jpeg
先日、スタッフと、スズメを見ない、
そんな話をしてました。
意識していると、樹上にスズメが!

ぷっくりしてて、可愛かった!


再度臨時休診のお知らせです。
3月1日金曜日、休診となります。


ご迷惑をおかけしますが、
よろしくお願いします。




坂本 和彦

共通テーマ:moblog

フロンターレ、東京戦

2019-02-27T17:05:40.jpeg2019-02-27T17:05:40.jpeg2019-02-27T17:05:40.jpeg
昨日はJリーグ、初戦!
自然と力が入るFC東京戦でした!!

午後からの試合に駆けつけて、応援。
結果は、少し残念でしたが、
新しいメンバー、新しい戦術。
楽しめました〜(^^)


特に、東京の久保選手。
足元もうまく、体幹もだいぶ強く。
こんなにすごい選手か、とビックリ

イメージとしては、初めて小野選手を
見た時のような衝撃!!

楽しかった〜。
明日から自分も頑張っていきます!








坂本 和彦

共通テーマ:moblog

川崎市感染症情報です

2019-02-27T17:05:18.jpeg
今日風が強く、花粉もたっぷり…
ランをあきらめました(;o;)
代わりに梅を見たり、散歩。
貴重な時間を楽しみました。

皆さまも体調管理頑張ってください!


川崎市感染症情報です。

第7週で定点当たり患者報告数の多かった疾病は、1)インフルエンザ 2)感染性胃腸炎 3)A群溶血性レンサ球菌咽頭炎でした。
 インフルエンザの定点当たり患者報告数は11.44人と前週(27.87人)から減少し、例年より低いレベルで推移しています。
 感染性胃腸炎の定点当たり患者報告数は4.81人と前週(6.78人)から減少し、例年並みのレベルで推移しています。
 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の定点当たり患者報告数は2.46人と前週(2.62人)から横ばいで、例年並みのレベルで推移しています。



 今週のトピックス
 “発熱を伴う発疹には注意しましょう!!~麻しん・風しん~”について取り上げました。
 麻しん・風しんは、急性の熱性発疹性疾患の代表的な感染症です。麻しんは、今年の1月上旬以降、関西地方などを中心に報告数が急増しています。風しんは、昨年の夏以降、全国的に報告数が増加しており、川崎市においても平成31年は、第7週(2月11日~2月17日)までに既に17件の報告がありました。
 麻しんや風しんの抗体を持っていない方は感染の危険が高いため、周囲の流行状況や流行地域への旅行などには十分な注意が必要です。いずれの疾患もワクチン接種が有効で、麻しん風しん混合(MR)ワクチンを接種することで予防が可能です。
 感染症情報(平成31年第7週)の詳細をまとめたファイルを次のサイトからダウンロードしてください。過去の感染症情報もご覧いただけます。
 http://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-13-8-11-4-1-0-0-0-0.html



坂本 和彦


坂本 和彦

共通テーマ:moblog

川崎市感染症情報です

2019-02-14T20:17:46.jpeg
今日、気温はさほど低く無いと思いましたが…
風が寒くて強い!
体感温度は低めでした。
多摩川を上流方向に走ると、ずっと向かい風。
今は冬、を実感しました。

皆さま体調管理、頑張りましょう!


川崎市感染症情報です。

第6週で定点当たり患者報告数の多かった疾病は、1)インフルエンザ 2)感染性胃腸炎 3)A群溶血性レンサ球菌咽頭炎でした。
 インフルエンザの定点当たり患者報告数は27.87人と前週(53.39人)から減少し、例年並みのレベルで推移しています。
 感染性胃腸炎の定点当たり患者報告数は6.78人と前週(6.14人)から増加し、例年並みのレベルで推移しています。
 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の定点当たり患者報告数は2.62人と前週(2.27人)から増加し、例年並みのレベルで推移しています。



 今週のトピックス
 “全国的な麻しん(はしか)の発生にご注意ください!!”について取り上げました。
 麻しんは、麻しんウイルスを原因とする急性の熱性発疹性疾患ですが、昨年末から全国的に患者報告数が増加しています。特に、年始以降は東海、関西地方を中心に流行がみられています。
 現在、川崎市における報告はありませんが、近隣の自治体では患者の発生がみられているため、定期予防接種の対象者は早めに接種を済ませましょう。罹患歴、ワクチン接種歴のいずれもない方にも予防接種をおすすめします。
 感染症情報(平成31年第6週)の詳細をまとめたファイルを次のサイトからダウンロードしてください。過去の感染症情報もご覧いただけます。
 http://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-13-8-11-4-1-0-0-0-0.html



坂本 和彦

共通テーマ:moblog

ハートセイバー講習

2019-02-13T14:37:38.jpeg
昨日、ハートセイバー講習を受けてきました。
つまり、救急時の心肺蘇生法です。

開業してからは、幸い役立つ場面無く
時間もたちましたので、新しい知見含めて、
現場のプロに教わりました。

もちろん、クリニックにはそのための機器も
用意してあります。でも、これからも役立つ
場面が無い事を祈っております。



坂本 和彦

共通テーマ:moblog

小杉小学校

2019-02-12T07:32:49.jpeg2019-02-12T07:32:49.jpeg
すごくきれいな小学校ができました!

思ったよりも大きな小学校。
来年度開校予定です。






坂本 和彦

共通テーマ:moblog

橋、建設現場

2019-02-11T11:04:06.jpeg


土手の上からみたら、意外と深く…

あたり前ですが、しっかりと作ってくれてます。
時々土手の上から見てみますね。


坂本 和彦

共通テーマ:moblog

川崎市感染症情報です

2019-02-07T17:25:04.jpeg

朝ランでスタジアム近くに。
もうすぐサッカーも始まります。
時が過ぎるのは、早い。

と同時に、また嫌な花粉の季節!
皆さまも、対策は十分に!


川崎市感染症情報です。

第5週で定点当たり患者報告数の多かった疾病は、1)インフルエンザ 2)感染性胃腸炎 3)A群溶血性レンサ球菌咽頭炎でした。
 インフルエンザの定点当たり患者報告数は53.39人と前週(69.41人)から減少しましたが、例年より高いレベルで推移しています。
 感染性胃腸炎の定点当たり患者報告数は6.14人と前週(6.30人)から横ばいで、例年並みのレベルで推移しています。
 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の定点当たり患者報告数は2.27人と前週(2.24人)から横ばいで、例年並みのレベルで推移しています。



 今週のトピックス
 “川崎市における風しんの無料抗体検査とワクチン接種費用の助成”について取り上げました。
 昨年の夏以降、全国的に風しんの患者報告数が増加しています。川崎市においても平成30年には110件もの報告があり、平成31年は第5週(1月28日~2月3日)までにすでに10件の報告がありました。
 風しんは、妊娠20週頃までの妊婦が感染すると、白内障、先天性心疾患、難聴などの症状を呈する先天性風しん症候群(CRS)の児が生まれる可能性があります。風しんの流行がない時期にはCRSの報告はありませんでしたが、今年に入って全国で1件の報告がみられています。
 本市では、妊婦への感染を防ぐために、30~50歳代の男性にも対象を拡大して無料の抗体検査を実施しています。大きな流行がくる前に、できるだけ早く抗体検査を行い、抗体価の低い方はワクチン接種を御検討ください。
 感染症情報(平成31年第5週)の詳細をまとめたファイルを次のサイトからダウンロードしてください。過去の感染症情報もご覧いただけます。
 http://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-13-8-11-4-1-0-0-0-0.html


坂本 和彦

共通テーマ:moblog