So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

ドングリ計画

2018-12-05T08:57:39.jpeg2018-12-05T08:57:39.jpeg
毎年秋には、走っていると足元にコロコロ…
ドングリを見かけます。

一度ドングリを育てたい…
土に植えると簡単ですが、もっと簡単に…
水につけたり、試しましたが、
毎年失敗しています。

そこで、今回は発芽までは土に植える事としました。
そうしたら、しっかりと!

当たり前ですが、土、大切ですね。
もう少し大きくなるまでは、このまま育てます。




坂本 和彦

共通テーマ:moblog

フロンターレ、最終戦

2018-12-01T21:53:31.jpeg2018-12-01T21:53:31.jpeg2018-12-01T21:53:31.jpeg
今日はフロンターレ、最終戦。
あの大久保選手がいる、磐田戦です。

今シーズン、最終戦。
ぜひ勝って…


試合結果は、まさか!
とにかく楽しめました!!

来年もまた、期待していますよ!





坂本 和彦

共通テーマ:moblog

川崎市感染症情報です

2018-11-30T14:25:40.jpeg
すっかり冬めいて…
でも、まだ温かい。
こんな時こそ風邪ひきやすい!

くれぐれも気をつけてください。

インフルエンザワクチンは、どこも足りない様子です。17日以後増えるかと言われています。
少しお待ち下さいね


川崎市感染症情報です。
第47週で定点当たり患者報告数の多かった疾病は、1)感染性胃腸炎 2)A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 3)流行性角結膜炎でした。
 感染性胃腸炎の定点当たり患者報告数は6.73人と前週(6.86人)から横ばいで、例年より低いレベルで推移しています。
 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の定点当たり患者報告数は3.89人と前週(4.11人)から横ばいで、例年より高いレベルで推移しています。
 流行性角結膜炎の定点当たり患者報告数は1.78人と前週(2.44人)から横ばいで、例年並みのレベルで推移しています。



 今週のトピックス
 “A群溶血性レンサ球菌咽頭炎に注意しましょう!”について取り上げました。
 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎は、主に冬季及び春から初夏にかけて流行がみられ、菌の侵入部位や組織によって多彩な症状を引き起こす細菌感染症です。
 川崎市では、平成30年第47週(11月19日~11月25日)の定点当たり患者報告数は3.89人と依然として報告が多く、平成30年6月以降、過去5年間の平均と比べて高いレベルで推移しています。
 就学前後(4歳~7歳)の小児で発熱や咽頭痛などの症状がある場合は、早めに医療機関を受診しましょう。
 感染症情報(平成30年第47週)の詳細をまとめたファイルを次のサイトからダウンロードしてください。過去の感染症情報もご覧いただけます。
 http://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-13-8-11-4-1-0-0-0-0.html



坂本 和彦

共通テーマ:moblog

フロンターレ、柏戦

2018-11-03T21:29:03.jpeg2018-11-03T21:29:03.jpeg2018-11-03T21:29:03.jpeg2018-11-03T21:29:03.jpeg2018-11-03T21:29:03.jpeg2018-11-03T21:29:03.jpeg2018-11-03T21:29:03.jpeg
今日は大切な、フロンターレ、柏戦。
現在Jリーグトップ、でも僅差。
シルバーコレクターとしては、
負けられません!

そんな柏戦。
ゲストはかわいい…アルパカ!

明らかに、小林選手びびってました!
まさか、それが影響して…

試合では、両ゴールキーパーも奮闘。
キック姿も決まってます!
後半友人お勧めの瀬川選手に交代。
キレキレ、でしたが、
試合は最後、あべ選手が押し込んで!


でも、途中小林選手が交代。
大丈夫かな?

とにかく、サッカー、楽しんでます!

共通テーマ:moblog

川崎市感染症情報です

2018-11-01T10:45:33.jpeg2018-11-01T10:45:33.jpeg
空を見上げると、いつのまにか空があんなに高く…
季節の変わりを自覚しました!

川崎市感染症情報です。

第43週で定点当たり患者報告数の多かった疾病は、1)感染性胃腸炎 2)A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 3)伝染性紅斑でした。
 感染性胃腸炎の定点当たり患者報告数は4.30人と前週(3.76人)から増加し、例年並みのレベルで推移しています。
 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の定点当たり患者報告数は2.89人と前週(2.65人)から横ばいで、例年より高いレベルで推移しています。
 伝染性紅斑の定点当たり患者報告数は1.62人と前週(1.35人)から増加し、例年よりかなり高いレベルで推移しています。



 今週のトピックス
 “先天性風しん症候群(CRS)の発生を防ぎましょう!”について取り上げました。
 今年は、川崎市においても風しんの患者報告数が著明に増加しており、平成30年10月28日までの報告数は計67件で、特に20歳代~50歳代の男性及び20歳代の女性の報告が多くなっています。
 妊娠20週頃までの妊婦が風しんに感染すると、白内障、先天性心疾患、難聴などの症状を呈する先天性風しん症候群(CRS)の児が生まれる可能性があります。
 CRSの発生を防ぐためには、妊婦への感染を防ぐことが重要です。生まれてくる子ども達をCRSから守るために、特に妊娠を希望する女性やそのパートナーなどで接種歴や罹患歴がない又は不明の方は、抗体検査や予防接種を御検討ください。
 感染症情報(平成30年第43週)の詳細をまとめたファイルを次のサイトからダウンロードしてください。過去の感染症情報もご覧いただけます。
 http://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-13-8-11-4-1-0-0-0-0.html




坂本 和彦

共通テーマ:moblog

川崎市感染症情報です

 第41週で定点当たり患者報告数の多かった疾病は、1)感染性胃腸炎 2)流行性角結膜炎 3)A群溶血性レンサ球菌咽頭炎でした。
 感染性胃腸炎の定点当たり患者報告数は3.38人と前週(4.08人)から横ばいで、例年より低いレベルで推移しています。
 流行性角結膜炎の定点当たり患者報告数は2.89人と前週(3.67人)から減少しましたが、例年よりかなり高いレベルで推移しています。
 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の定点当たり患者報告数は1.86人と前週(2.38人)から横ばいで、例年並みのレベルで推移しています。



 今週のトピックス
 “こんな病気に注意しましょう!~レジオネラ症~”について取り上げました。
 レジオネラ属菌は、水中や土壌中など自然界に広く生息しており、レジオネラ症の原因となります。
 川崎市におけるレジオネラ症の報告数は、全国と同様に毎年徐々に増加しており、特に平成30年は第41週(10月8日~10月14日)までに計25件の報告があり、過去10年間で最多となりました。男性が全体の84.0%を占め、年齢階級別では特に60歳代以上が多くなっています。レジオネラ症は肺炎を発症すると急激に重症化することもあり、意識障害や呼吸困難などの症状もみられるため、注意が必要です。
 感染症情報(平成30年第41週)の詳細をまとめたファイルを次のサイトからダウンロードしてください。過去の感染症情報もご覧いただけます。
 http://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-13-8-11-4-1-0-0-0-0.html


坂本 和彦

共通テーマ:moblog

さかもと内科クリニック、12年目に!

2018-10-15T18:12:25.jpeg
おかげさまで、さかもと内科も12年目を
迎えることができました!

2007年10月15日開院。
早いもので、今日から12年目です。

お花などは飾りませんが…

ありがとうございます!



坂本 和彦

共通テーマ:moblog

三浦にも

2018-10-14T18:12:11.jpeg2018-10-14T18:12:11.jpeg
そして今日。
気分転換に。海を見に。
三浦に行ってきました。

もちろん、今日は海を眺めるだけ。
写真にはよく写っていませんが…
ソラスズメのきれいな青色と、
チャガラの赤色が映えてました。

癒されて、サクッと帰宅。
明日から、また頑張ります!




坂本 和彦

共通テーマ:moblog

川崎市感染症情報です

残念ながら、風疹が流行との事。
川崎市でも、対策しています。
該当する方は、ぜひかかりつけ医に
相談してください!


川崎市感染症情報です。

第40週で定点当たり患者報告数の多かった疾病は、1)感染性胃腸炎 2)流行性角結膜炎 3)A群溶血性レンサ球菌咽頭炎でした。
 感染性胃腸炎の定点当たり患者報告数は4.08人と前週(3.59人)から増加し、例年並みのレベルで推移しています。
 流行性角結膜炎の定点当たり患者報告数は3.67人と前週(1.56人)から増加し、例年よりかなり高いレベルで推移しています。
 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の定点当たり患者報告数は2.38人と前週(2.08人)から増加し、例年より高いレベルで推移しています。



 今週のトピックス
 “風しんの患者報告数が急増しています!!”について取り上げました。
 現在、特に5都県(東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県及び愛知県)を中心に風しんの患者報告数が急増しています。風しんは妊娠20週頃までの妊婦が感染すると、白内障、先天性心疾患、難聴などの症状を呈する先天性風しん症候群の児が生まれる可能性があります。
 川崎市においては、平成30年第1週~第40週(1月1日~10月7日)に計40件の報告があり、性別では男性が82.5%を占め、年齢階級別では30歳代及び50歳代からの報告が多くなっています。
 妊婦への感染を防ぐため、接種歴や罹患歴がない又は不明の方は、抗体検査や予防接種を御検討ください。本市では風しん対策事業として、対象者に抗体検査の無料実施と抗体価の低い方へのワクチン接種費用の一部助成を実施しています。
 感染症情報(平成30年第40週)の詳細をまとめたファイルを次のサイトからダウンロードしてください。過去の感染症情報もご覧いただけます。
 http://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-13-8-11-4-1-0-0-0-0.html


坂本 和彦

共通テーマ:moblog

今日は海に

2018-09-23T18:01:22.jpeg
すこーし暑い今日。
泳げるのも最後かな、と
息子と海に行ってきました。

前回、あまり種類がいなかったので…
期待して行ったのですが…

残業ながら、いつもの磯で見られたのは
トゲ、フウライ、ナミチョウ。
大きさもまだ小さい。
おかしいな〜

でも、息子にとって、今年初の海。
楽しい!と喜んでもらえました!

そこで一種ずつ写真撮影。

黒い影は…
前回見なかった種類として、
ソラスズメ。
写真ではわかりませんが
青い体に黄色の尻尾。
残念なのは大きくなると、黒く
なってしまいます。

でも、この大きさ…
いつもなら7月ころ見かけるはずの。

海も、異常気象、でしょうか?




坂本 和彦

共通テーマ:moblog
前の10件 | -