So-net無料ブログ作成

海に行きました!

2017-09-03T20:22:50.JPG2017-09-03T20:22:50.JPG2017-09-03T20:22:50.JPG



前回書きましたが…
海を見に行きたい!

どうにか台風がさり、波があるものの
風が無さそう…、よし行こう!!
と見に行きました。

いつもの磯では、潮溜まりに
ナミ、トゲ。
磯で会うのは久しぶり!
可愛い姿に見とれてました。

ただし、クリニックには大きな先輩が
いますので、見るのみ。
港に見に行くと…

にごりがひどい(;ω;)

やはりナミ、トゲしか見えないので、
南下。台風から遠ざかる事に。


途中、いつもの房総ラーメン。
朝抜きなので、ミニ丼付きで( ^ω^ )

注:炭水化物的に、おすすめしません

さらにその南で、ついに発見!
チョウハン、アケ、セグロ!!

セグロには遊ばれてしまい、
アケのみ網に。

楽しかった〜〜^_^

また行くかもしれません
nice!(0) 
共通テーマ:moblog

川崎市感染症情報です。

2017-08-31T15:57:31.JPG
今日は涼しくなりました。
疲れた身体も、一休み?

本当は海も行きたいのですが…
台風なので、近づけません。

こんな時は、水槽を。


川崎市感染症情報です。

 第34週で定点当たり患者報告数の多かった疾病は、1)手足口病 2)感染性胃腸炎 3)ヘルパンギーナでした。
 手足口病の定点当たり患者報告数は11.21人と前週(11.55人)から横ばいで、例年よりかなり高いレベルで推移しています。
 感染性胃腸炎の定点当たり患者報告数は4.21人と前週(3.41人)から増加し、例年並みのレベルで推移しています。
 ヘルパンギーナの定点当たり患者報告数は3.26人と前週(3.38人)から横ばいで、例年並みのレベルで推移しています。



 今週のトピックス
 “全国的に増えています!~腸管出血性大腸菌感染症~”について取り上げました。
 現在、全国的に腸管出血性大腸菌感染症(O157、O26など)の患者報告数が非常に多く、特に関東地方での発生が目立ちます。
 川崎市においても8月以降、患者報告数が急増しており、今年は現在までの全報告数のうち、75%を腸管出血性大腸菌O157が占めています。加熱不十分な肉類の喫食を原因とする場合もありますが、感染経路が不明なことも多いため、肉類は加熱(75℃で1分間以上)を十分行うとともに、野菜類は流水でしっかりと洗ってから食べる等の予防対策を心がけましょう。

 感染症情報(平成29年第34週)の詳細をまとめたファイルを次のサイトからダウンロードしてください。過去の感染症情報もご覧いただけます。
 http://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-13-8-11-4-1-0-0-0-0.html
nice!(0) 
共通テーマ:moblog

夏の休診日

2017-07-23T19:37:32.JPG
来院されている皆様にはお伝えして
おりますが、夏の休診日は下記の通り
です。今年は長めです。
よろしくお願いします。

休診日
8月10日木曜日ー21日月曜日

22日から通常診療します。

よろしくお願いします。
nice!(0) 
共通テーマ:moblog

フロンターレ、ファン感

2017-07-23T19:32:29.JPG2017-07-23T19:32:29.JPG2017-07-23T19:32:29.JPG2017-07-23T19:32:29.JPG2017-07-23T19:32:29.JPG
今日はフロンターレファン感。
幸い、少し過ごしやすい気温。
なので、行ってきました。

まずは、選手達の入場を応援。
なんと、シシャモのメンバーも
グランドに。パチリ。

その後私は応援している選手の
サインに。

ネット選手。碧選手。
そして新井選手にサインいただき、
握手しました。

この様な時間も、楽しく。
感謝、です。
これからも応援します!
nice!(0) 
共通テーマ:moblog

川崎市感染症情報です。

2017-07-20T20:02:33.JPG
ますます暑くなっておりますが皆様体調は
いかがですか?
外では蝉の声もにぎやかになってます。
少し前まではジージーと鳴いていましたが、
最近はミンミンに代わってきました。

夏の初めにジージーと鳴くせみ、実は
3センチほど、なんです。
でも、あの音量。
夏の始まりとうれしくなります。

暑さに負けず、頑張りましょう!


川崎市感染症情報です。

 第28週で定点当たり患者報告数の多かった疾病は、1)手足口病 2)感染性胃腸炎 3)ヘルパンギーナでした。
 手足口病の定点当たり患者報告数は6.67人と前週(2.89人)から増加し、例年並みのレベルで推移しています。
 感染性胃腸炎の定点当たり患者報告数は6.31人と前週(6.97人)から減少し、例年並みのレベルで推移しています。
 ヘルパンギーナの定点当たり患者報告数は3.86人と前週(2.06人)から増加し、例年並みのレベルで推移しています。



 今週のトピックス
 “手足口病流行発生警報発令!”について取り上げました。
 現在、全国的に手足口病が流行しています。川崎市においても、第28週(平成29年7月10日~7月16日)の定点当たり患者報告数が6.67人となり、流行発生警報基準値(定点当たり5人)を超えたため、市内に流行発生警報を発令しました。川崎区、高津区、宮前区を中心に報告数が増えています。
 手足口病の原因ウイルスは、コクサッキーウイルスA群(CA)、エンテロウイルス71型、エコーウイルスなどさまざまですが、今年は川崎市を含め全国的にCA6型が多く検出されており、大きな流行があった平成25年や平成27年と同様の傾向がみられます。
 感染症情報(平成29年第28週)の詳細をまとめたファイルを次のサイトからダウンロードしてください。過去の感染症情報もご覧いただけます。
 http://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-13-8-11-4-1-0-0-0-0.html
nice!(0) 
共通テーマ:moblog

川崎市感染症情報です。

2017-07-08T12:13:33.JPG2017-07-08T12:13:33.JPG
先日、フロンターレ浦和戦。
幸い雨もあがり、後半から観戦できました!

試合は長谷川選手のゴールで盛り上がるなど
楽しく観戦できましたm(_ _)m

暑いけど、体調に気をつけ頑張りましょう!

川崎市感染症情報です。

 第26週で定点当たり患者報告数の多かった疾病は、1)感染性胃腸炎 2)A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 3)流行性角結膜炎でした。
 感染性胃腸炎の定点当たり患者報告数は6.94人と前週(7.39人)から横ばいで、例年並みのレベルで推移しています。
 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の定点当たり患者報告数は4.61人と前週(4.58人)から横ばいで、例年よりかなり高いレベルで推移しています。
 流行性角結膜炎の定点当たり患者報告数は1.89人と前週(1.56人)から横ばいで、例年より高いレベルで推移しています。



 今週のトピックス
 “咽頭結膜熱が流行しています!”について取り上げました。
 現在、全国的に咽頭結膜熱の患者報告数が非常に多くなっています。川崎市においても、平成29年第21週以降患者数が増加し、過去5年間平均と比較してかなり高いレベルで推移しています。
 飛沫や接触により感染するため、お子さんの集団生活やご家庭での予防対策が重要になります。
 感染症情報(平成29年第26週)の詳細をまとめたファイルを次のサイトからダウンロードしてください。過去の感染症情報もご覧いただけます。
 http://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-13-8-11-4-1-0-0-0-0.html
nice!(1) 
共通テーマ:moblog

フロンターレ、神戸選

2017-07-02T21:34:12.JPG2017-07-02T21:34:12.JPG2017-07-02T21:34:12.JPG2017-07-02T21:34:12.JPG
先日は、フロンターレ神戸選。

まずは仮面ライダーによる始球式。
カッコ良く決めてくれました。
また、カブレラの日。
カブレラが少し、オシャレ?

試合は…
良かったんです!
いや、良すぎたんです!!

久しぶりにストレス解消。
次回は、水曜日!

でも、台風が…
nice!(0) 
共通テーマ:moblog

川崎市感染症情報です。

2017-07-02T21:26:04.JPG2017-07-02T21:26:04.JPG
今日は暑かった!
朝ランするも、足が重く…
納得できず、夕方にもぶらぶらと。

空の雲が面白く、パチリ。足元見ると、
ハトがつついています。

以前は、虫がいるのかな、と思って
いましたが、調べてみると、小石を
つついているとの事。
砂肝に小石を貯めていると。

不思議ですね。


川崎市感染症情報です。

 第25週で定点当たり患者報告数の多かった疾病は、1)感染性胃腸炎 2)A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 3)流行性角結膜炎でした。
 感染性胃腸炎の定点当たり患者報告数は7.39人と前週(8.64人)から減少し、例年並みのレベルで推移しています。
 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の定点当たり患者報告数は4.58人と前週(4.69人)から横ばいで、例年より高いレベルで推移しています。
 流行性角結膜炎の定点当たり患者報告数は1.56人と前週(3.22人)から減少し、例年並みのレベルで推移しています。



 今週のトピックス
 “夏季に流行する感染症~手足口病~”について取り上げました。
 手足口病は、子どもを中心に主に夏に流行するウイルス感染症です。川崎市においては、平成29年第25週(6月19日~6月25日)の定点当たり患者報告数が1.14人と前週から増加しました。例年、報告数の90%前後を5歳以下の乳幼児が占めており、7月~8月頃に流行のピークがみられます。手洗いやタオルの共用を避けるなどの予防対策を徹底しましょう。
 軽症のことが多いですが、口の中の水疱が痛くて十分に水分が摂れず、脱水症状を起こすことがあるので、こまめな水分補給が重要です。

 感染症情報(平成29年第25週)の詳細をまとめたファイルを次のサイトからダウンロードしてください。過去の感染症情報もご覧いただけます。
 http://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-13-8-11-4-1-0-0-0-0.html
nice!(0) 
共通テーマ:moblog

きれいなラン

2017-06-16T17:36:57.JPG2017-06-16T17:36:57.JPG
いつも持ってきていただきます。
今回はこんな感じ。

全部花が咲くか、心配。
nice!(0) 
共通テーマ:moblog

川崎市感染症情報です。

2017-06-16T17:34:46.JPG
いよいよ、梅雨入り。
でも、疑いたくなる様な天気ですね
(^_^)a

でも、アジサイはちゃんと季節の
移り変わりを感じています。
あと少し、ですね。


川崎市感染症情報です。

 第23週で定点当たり患者報告数の多かった疾病は、1)感染性胃腸炎 2)A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 3)流行性角結膜炎でした。
 感染性胃腸炎の定点当たり患者報告数は7.58人と前週(8.25人)から減少し、例年並みのレベルで推移しています。
 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の定点当たり患者報告数は4.31人と前週(5.53人)から減少し、例年並みのレベルで推移しています。
 流行性角結膜炎の定点当たり患者報告数は1.67人と前週(2.56人)から減少し、例年よりかなり高いレベルで推移しています。



 今週のトピックス
 “咽頭結膜熱の患者報告数が急増しています!”について取り上げました。
 咽頭結膜熱は、アデノウイルスを原因とする感染症で、通常夏季に流行します。
 川崎市では、第23週(平成29年6月5日~6月11日)の定点当たり患者報告数が1.36人と、前週から大幅に増加しており、麻生区では流行発生警報基準値(定点当たり報告数3.0人)を超えています。また、年齢階級別では5歳以下の小児の報告数が多くなっています。
 アデノウイルスは感染力が強いため、特に保育園や幼稚園などの集団生活の場では、手洗いなどの予防対策を心がけましょう。

 感染症情報(平成29年第23週)の詳細をまとめたファイルを次のサイトからダウンロードしてください。過去の感染症情報もご覧いただけます。
 http://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-13-8-11-4-1-0-0-0-0.html
nice!(0) 
共通テーマ:moblog