So-net無料ブログ作成

川崎市感染症情報です

image1.JPG
川沿いにある河津さくらは満開!

さくらを見るとテンション上がるのはなぜ?
天気も良く、気持ち良い!

でも、まだまだ風邪が流行ってます。
体調には気をつけてくださいね。


川崎市感染症情報です。

 今週の感染症情報
 第7週で定点当たり患者報告数の多かった疾病は、1)インフルエンザ 2)感染性胃腸炎 3)A群溶血性レンサ球菌咽頭炎でした。
 インフルエンザの定点当たり患者報告数は34.78人と前週(42.30人)から減少しましたが、例年よりやや高いレベルで推移しています。
 感染性胃腸炎の定点当たり患者報告数は7.15人と前週(7.27人)からほぼ横ばいで、ほぼ例年並みのレベルで推移しています。
 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の定点当たり患者報告数は3.33人と前週(1.94人)から増加し、例年よりかなり高いレベルで推移しています。

 今週のトピックス
“例年より多い報告数~流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)~”について取り上げました。
 流行性耳下腺炎の報告数が、昨年から全国的に増加しています。川崎市でも、昨年10月下旬以降報告数が増加しており、過去5年間と比較すると最多の報告数が続いています。現在、区別では多摩区からの報告数が多く、年齢別では4~8歳など就学前後の小児の割合が多くなっています。

 ※詳細については「今、何の病気が流行しているか!」をご覧ください。
 感染症情報(平成28年第7週)の詳細をまとめたファイルを次のサイトからダウンロードしてください。過去の感染症情報もご覧いただけます。
 http://www.city.kawasaki.jp/350/page/0000032052.html
nice!(0) 
共通テーマ:moblog

川崎市感染症情報です

image1.JPG

気持ち良い時期になりました。
ジョグしていても、寒くありません。

が、花粉が…
つらい時期になりました …>_<…


インフルエンザAは減ってきました。
が、Bが増えてます。
ご注意くださいね。

川崎市感染症情報です。

 今週の感染症情報
 第6週で定点当たり患者報告数の多かった疾病は、1)インフルエンザ 2)感染性胃腸炎 3)A群溶血性レンサ球菌咽頭炎でした。
 インフルエンザの定点当たり患者報告数は42.30人と前週(48.78人)から減少しましたが、例年より高いレベルで推移しています。
 感染性胃腸炎の定点当たり患者報告数は7.27人と前週(8.55人)からやや減少し、ほぼ例年並みのレベルで推移しています。
 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の定点当たり患者報告数は1.94人と前週(3.67人)から減少し、ほぼ例年並みのレベルで推移しています。

 今週のトピックス
“知っておきたい感染症~ジカウイルス感染症~”について取り上げました。
 中南米を中心に、ジカウイルス感染症が多数報告されています。ジカウイルス感染症はデング熱などと同様にウイルスを持ったヤブカ属の蚊(ネッタイシマカ、ヒトスジシマカなど)に刺されることで感染します。
 海外の流行地に出かける際はできるだけ肌を露出せず、虫除け剤を使用するなど、蚊に刺されないよう注意しましょう。


 ※詳細については「今、何の病気が流行しているか!」をご覧ください。
 感染症情報(平成28年第6週)の詳細をまとめたファイルを次のサイトからダウンロードしてください。過去の感染症情報もご覧いただけます。
 http://www.city.kawasaki.jp/350/page/0000032052.html
nice!(0) 
共通テーマ:moblog

川崎市感染症情報です

image1.JPG


今日は意外と暖かい。
ジョギングで汗をかいてしまいました。

今多摩川丸子橋広場ではサッカー場拡張工事中
休日子供たちの練習場確保が難しい状況なので
嬉しい!

ぜひ、水はけ良いグランドにしてくださいm(__)m


今週の感染症情報です。

 今週の感染症情報
 第4週で定点当たり患者報告数の多かった疾病は、1)インフルエンザ 2)感染性胃腸炎 3)A群溶血性レンサ球菌咽頭炎でした。
インフルエンザの定点当たり患者報告数は32.72人と前週(14.43人)から大幅に増加し、流行発生警報基準値(30人)を超えたため、市内に流行発生警報を発令しました。
 感染性胃腸炎の定点当たり患者報告数は9.00人と前週(9.21人)からほぼ横ばいで、ほぼ例年並みのレベルで推移しています。
 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の定点当たり患者報告数は3.45人と前週(3.45人)から横ばいですが、例年よりかなり高いレベルで推移しています。

 今週のトピックス
“流行発生警報発令―インフルエンザ―”について取り上げました。
 川崎市では、前週に引き続きインフルエンザの患者数が大幅に増加し、第4週(平成28年1月25日~1月31日)の定点当たり患者報告数が32.72人となり、流行発生警報基準値(定点当たり30人)を超えたため、市内に流行発生警報を発令しました。
 例年の傾向では4~8週間で流行が終息しますので、3月末頃まではインフルエンザに対する警戒が必要と考えられます。


 ※詳細については「今、何の病気が流行しているか!」をご覧ください。
 感染症情報(平成28年第4週)の詳細をまとめたファイルを次のサイトからダウンロードしてください。過去の感染症情報もご覧いただけます。
 http://www.city.kawasaki.jp/350/page/0000032052.html
nice!(0) 
共通テーマ:moblog