So-net無料ブログ作成

川崎市感染症情報です。

2017-09-10T10:20:47.JPG
ランしている最中、出会いました。

きっと猫の王様!
思わず、挨拶して通りすぎました( ^ω^ )


川崎市感染症情報です。

 第35週で定点当たり患者報告数の多かった疾病は、1)手足口病 2)感染性胃腸炎 3)ヘルパンギーナでした。
 手足口病の定点当たり患者報告数は9.22人と前週(11.21人)から減少しましたが、例年よりかなり高いレベルで推移しています。
 感染性胃腸炎の定点当たり患者報告数は3.43人と前週(4.21人)から横ばいで、例年並みのレベルで推移しています。
 ヘルパンギーナの定点当たり患者報告数は2.65人と前週(3.26人)から減少し、例年並みのレベルで推移しています。




 今週のトピックス
 “夏季にもインフルエンザが発生しています!”について取り上げました。
 インフルエンザは、例年冬季に大きな流行がみられる感染症ですが、今年は夏季においても例年と比較して報告数が多くなっています。国外ではアジア各地で大きな流行がみられており、市内では保育園等の施設で集団感染事例が発生しています。急な発熱及び風邪様症状が出た際には、早めに医療機関を受診しましょう。
 感染症情報(平成29年第35週)の詳細をまとめたファイルを次のサイトからダウンロードしてください。過去の感染症情報もご覧いただけます。
 http://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-13-8-11-4-1-0-0-0-0.html



坂本 和彦
nice!(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0