So-net無料ブログ作成
検索選択

川崎市感染症情報です

image1.JPG
もうすぐ春分。
桜の開花も、もうすぐ。

ワクワクしますね(^-^)/

これで花粉が無ければ…(ノ_<)


川崎市感染症情報です。

 第10週で定点当たり患者報告数の多かった疾病は、1)インフルエンザ 2)感染性胃腸炎 3)A群溶血性レンサ球菌咽頭炎でした。
 インフルエンザの定点当たり患者報告数は15.27人と前週(17.53人)から減少し、例年並みのレベルで推移しています。
 感染性胃腸炎の定点当たり患者報告数は10.14人と前週(8.33人)から増加し、例年並みのレベルで推移しています。
 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の定点当たり患者報告数は3.03人と前週(2.53人)から増加し、例年並みのレベルで推移しています。



 今週のトピックス
 “まだまだ気を付けよう!!感染性胃腸炎”について取り上げました。
 川崎市において、感染性胃腸炎の第10週(平成29年3月6日~3月12日)の定点当たり患者報告数が10.14人となり、2週連続で報告数が増加しています。ロタウイルスによる胃腸炎の流行だけでなく、全国的にノロウイルスによる集団感染事例も発生しています。感染を広げないためにも予防対策が重要です。
 感染症情報(平成29年第10週)の詳細をまとめたファイルを次のサイトからダウンロードしてください。過去の感染症情報もご覧いただけます。
 http://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-13-8-11-4-1-0-0-0-0.html
nice!(1) 
共通テーマ:moblog

nice! 1